セックスフレンドとのつきあい方

セフレの悩み

*

「 月別アーカイブ:2015年10月 」 一覧

no image

私は35歳を過ぎて、未だ結婚をしていませんでした

  2015/10/20    Uncategorized

私は35歳を過ぎて、未だ結婚をしていませんでした。 彼女にも2年前に急にふられてしまい、それから出会いも無く1人でいました。 親のかなり心配をしているみたいで、家に帰省したときに、いい子がいるけどと話しを受けました。 どの子と聞くと、親が良く行く、温泉施設で働いている子で、県外から来ているので、かなり親が面倒を見てあげている子でした。 以前帰省した時に見たことがある子だったので、覚えていました。 黒髪のかなり笑顔が印象的な子で、おじさんおばさんにかなり人気の子でした。 実家の周辺には、いい位の歳の子がいないので、彼女も出会いがないみたいでした。 親は、私に是非話しをしてみて欲しいというので、私も心配かけているのが解っているので、一応会うだけでもと思い、承諾しました。 その日になり、予約した店にいきました。 彼女は既に来ていたので、親とはかなり親しげな感じで挨拶をした後に、私に挨拶をしてくれました。 私も挨拶を返して、席につきました。 私は緊張をほぐすために、ビールを頼みました。 親が彼女にもビールを勧めると、彼女も飲みますと言ったので注文しました。 コースの料理が出てきたので、親と彼女が楽しく会話をしながら食べていました。 料理が終わりくらいになると、親達が立ち上がってから、ちょっと支配人に挨拶をしてくると言って個室から出ていきました。 ふたりっきりになったので、私は彼女に、「これが若い2人にってやつですかね」と言うと彼女はくすっと笑いました。 お互いその一言で、緊張がほぐれてきて、沢山話しをしました。 連絡先も交換して、お店をでて、彼女と別れました。 親からどうと聞かれたので、いい子だねと伝えると親はもの凄く笑顔になりました。 それから少しづつですが、連絡を取り合って、距離を近づけていきました。 そして彼女と2人で遊ぶようになり、その後、付き合うようになりました。 それから、お互いの両親に会いに行ってから、婚約しました。

no image

口説くということから始まる恋愛

  2015/10/20    Uncategorized

口説くということにチャラいとか軽いといった嫌悪感をもった男性が少数ながらいるようですが、口説くというのは男女が進展するためには絶対に避けられない事象ですし、口説くということから始まる恋愛や関係深化は世の中に腐るほどありますし、当たり前のことでもあります。 お互い口下手でしかも無口であり、その二人が無口で話すことが下手ながらも少しずつ関係を深めていって付き合ったり結婚するというのも良いものではありますが、そんな出会いや恋愛はごくごく一部ですし、そんな二人であっても口説くという作業はお互い不器用ながらほんの少しでも二人が模索したり実践しているはずです。 口説く行為自体が自分のテクニックを披露する場でもあり、知識や経験をフル活用して相手を落とすこと、二人の間にある壁を壊すことを実現するものですから、決してチャラくもなく、軽いものというよりはむしろ中身は重いものです。 口説き方に関することに触れていくわけですが、前提を理解しておきましょう。 まず、口説かれることでとてつもなく嫌悪感を抱くという人間はほぼいません。 あなた自身、異性になにか誘われるとか距離を近づけよういうことをされたり、直接的に口説かれることで相手のことを物凄く嫌いになることがあるでしょうか。 例えば仕事や他の相手との恋愛をしている時など忙しい最中に相手にしつこく絡まれたり、一度や二度で引くことなくとにかく時間があれば口説いてくるといったことをされると面倒だとかうざいと思うかもしれませんが、口説かれているという現実そのものに嫌気が差しているわけではなく、それはタイミングが悪いと思っているとか、自身に余裕がないためにうざいと思うといった、口説かれることに対する不満よりも違った方面での不満が本質のはずです。 この前提さえ理解しておけば、例えば会社や学校で会うたび、話す機会があるたびに口説くということを繰り返すことは極々わずかでも相手に効果があるということです。 好意をもたれること、それを伝えられるということを真っ向から嫌うひとはまずいませんし、大小はあるものの嬉しい気持ちが相手に湧くはずです。 口説く内容なんていうのはなんでもいいんです。 ストレートに好きだと伝えるのは効果的ですし、食事などに誘うというのもいいでしょう。 相手もその日の体調や環境の変化、恋人と別れたとか疎遠になるとか、寂しさが増したり逆に異性がいらない時期がくるなど、気持ちは一定ではなく、常に揺れ動いているものです。 恋人と別れた直後や寂しさが増している時に口説けるのが最良なのですが、一人でいたい時、恋人はいらないという時期に限って口説いてしまったりと逆をうってしまって苦戦するなど、そこばかりは運も絡んできます。 運も実力の内であり、相手との縁や巡り合わせという自分では調整できない要素も絡んできますが、とにかくまずは行動を起こすこと、口説くということを実践することこそ相手との距離を縮めるための第一歩であり基本であることはもちろん、それが真髄であり奥義なのです。

no image

女性と会話していても続かない

  2015/10/15    Uncategorized

女性と会話していても続かない人や、メールがすぐに途切れてしまう人、デート中にふと無言になってしまうような人は割といると思います。 女性との会話に困っている人向けに、自身の経験を踏まえてアドバイスをしたいと思います。 まず、女性との会話に困っている人全般に共通しているのは、会話内容が一問一答形式になっていないかという事です。 一問一答形式とは、例えば○○について質問する。相手は○○について答える。という繰り返しになっている事です。 相手に何か尋ねる事は良いことですが、こんな感じでただ質問をしているだけだと会話がずっと続くはずがありません。 聞きたい事なんてすぐに底をついてしまうと思いますし、答えを求めらているような気がして疲れてしまいます。 学生時代を思い出してみると、こうやって質問して答えを聞いてくるのは先生のやり方だという事がすぐに分かると思います。 つまり、あまり楽しい事ではないのです。 ではどうすれば良いかというと、そもそも皆さんは何故会話をしようと思っているのですか? その目的から整理してみて下さい。 例えば、相手のことをより深く知りたい、や、お互いリラックスした時間を過ごしたいや、特に何も考えずにわいわい雑談したい等、実はただの会話という行為に様々な目的が含まれている事が分かると思います。 相手のことをより深く知りたいときは、お互い気の済むまで話し合って下さい。 お互いリラックスした時間を過ごしたい時は、中身がない会話で良いんです。 新しい事を知る必要なんてないんです。 ただ、相手に対して好きだよーとか、○○食べれるー?とか、無意味な会話で十分なのです。 最後に特に何も考えずにわいわい雑談したい場合ですが、これは予め相手が何に興味があって、どんな話題に食いついて、どんな反応をするのかという事をある程度抑えておく必要があります。 何も相手の事を知らない状態でも楽しく雑談は出来ますが、より良い印象をもたれるためには相手に合った話題を選択する必要があります。 例えば、まったくミュージカルに興味がない人にひたすらミュージカルの話をしても仕方がありません。 会ったばかりで相手が何に興味があるかわからないという方は、相手の反応をしっかり確認しながら会話してみてください。 相槌や返事の仕方で、その人がその話題に興味を持っているか何となく分かると思います。 興味がなさそうだと思ったら、さっさと次の会話にうつって下さい。 いつまでもつまらない話をしていても逆効果です。 以上、簡単ですが私のアドバイスです。参考にしてみて下さい。